地域のために尽力する銀行の頑張り

地域のために尽力する銀行の頑張り

地域の発展に貢献する長野銀行

長野銀行の資産づくり

長野県は農村地帯にあり、農業や林業などの第一次産業や精密機器産業が盛んなところとして知られています。この地域では、これらの産業にかかわる中小企業が多いことから、地元の金融機関を利用するという企業が多く見られます。

※ 第一次産業についての情報はこちら →→ http://kids.gakken.co.jp/jiten/4/40022020.html

長野県内に支店が多くある長野銀行を利用するという人は多く、長野県民のほかにも長野にある多くの企業が取引しています。

長野銀行では預金や投資などを利用して資金づくりを行う人も見られます。長野銀行は、安心して資産形成ができる預金サービスや大きな利益が期待できる投資サービスが利用できる銀行です。

たとえば、長野銀行では、定期預金や積立預金といった金利のよい預金が利用できます。これらの場合、預入期間によって適用金利が異なるため、定期預金金利については、複利を活用して効率よく資産づくりを行うことができます。

このような預金では預金保険によって保証されているため、資産運用として利用する人が増えています。会社などを退職した人なら退職金を預金すると、金利上乗せ定期預金が利用できます。

また、長野銀行では、高い利回りが得られるものとして外貨預金があります。外貨で定期預金を行うと、円定期預金よりも高い利息が期待できます。

※ 円預金についての情報はこちら →→ http://www.woman110.com/200807/

さらに、長野銀行では投資信託による資産運用ができるようになり、少ない資金で株式や債券などに投資を行う資産運用が人気です。投資信託なら分配金によって効率よく資産づくりができることが特徴です。そのことから、長野銀行の投資信託は、資産運用の中でも効果的な商品として人気が高まっています。ただし、投資信託は投資効果が大きくても、預金ではないことから預金保険の対象とはならないため、元本保証がされない商品であることを注意する必要があります。

clear